トレイチノン ハイドロキノン

トレイチノンとハイドロキノンの違いとは?

答え:ハイドロキノンの方が強い
   デリケートゾーンにはトレイチノンしか使えない

 

「トレチノイン」クリームについて聞いたことがある人はいますか?

 

皮膚の黒ずみが気になって皮膚科や美容外科などへ行くと、「トレチノイン」を出してくれることが多いです。

 

以前からアメリカでは医薬品として使われていて、皮膚の黒ずみを治す効果は実証済みです。
とてもメジャーな医薬品なのですが、日本ではトレチノインの濃度が規制されていて、あまり濃度の高いものは処方できない決まりになっています。

 

濃度規制があるということは、効果は高くても、やっぱり副作用も強いのかちょっと心配になってしまいますよね?

 

ここでは、そんなトレチノインについて詳しくみていきましょう。

 

トレチノインとは?成分や用途について?

トレチノインとは、「ビタミンA誘導体」のひとつです。ビタミンA誘導体は、化粧品にも使われているので耳にしたこともあるかも知れませんが、アンチエイジング効果がとても高いことで有名です。
トレチノインは、もともと人の身体の中にも存在していて、内側から美しくしてくれるんですよ。

 

ビタミンA誘導体は、皮膚の細胞の生まれ変わりのサイクルである「ターンオーバー」の力をアップさせ、美肌へと導いてくれます。
シミやしわを解消する効果や、皮脂の分泌を抑制する効果もあるので、ニキビ治療に応用されることもあります。
まさにスキンケアの救世主と呼んでも良いでしょう。

 

トレチノインはデリケートゾーンにも使えるの?

トレチノインが皮膚の新陳代謝を高めてくれるのは分かったでしょうが、より敏感なデリケートゾーンに使えるのかどうか気になる人も多いでしょうね。

 

トレチノインは、皮膚のメラニン色素を薄くする効果があり、敏感な部分でも同じように使うことができます。

 

デリケートゾーンに使うと、塗ったところのターンオーバーが促進されて、皮膚の深部にたまっているメラニン色素が浮き出てきて、古くなった角質層と一緒に徐々にはがれ落ちてキレイになっていきます。

 

トレチノインのデリケートゾーンへの使い方

1:デリケートゾーンを、普段使っている石けんなどでキレイにする。
このとき、強くこすらずに泡で優しく包み込むようにして洗ってくださいね。

 

2:洗い終わったら、タオルで良く水気をふいて、黒ずみが気になる部分だけに薄く塗ります。
トレチノインは刺激性が高いので、粘膜の部分まで塗らないように気をつけましょう。

 

3:塗り終わったら15分くらい乾かします。

 

トレチノインの治療の流れ

トレチノインの治療の過程には「反応期」「耐久期」「完成期」の流れがあります。
順にみていきましょう。

 

・「反応期」…トレチノインを使い始めてから6週目くらいまでの期間です。
一気に皮膚の新陳代謝が活発になるので、皮膚の皮がむけてしまうことがあります。皮膚が赤くなったり乾燥が気になることもあるでしょう。皮膚が非常にデリケートになっている状態で、バリア機能も下がっているので、無理矢理皮をはがしたりせずに自然にまかせてください。

 

・「耐久期」…使用開始から6週間を過ぎる頃になると、反応期のような皮膚がむけたり赤くなったり乾燥したりといった症状はおさまってきて、次第に黒ずみも薄くなります。

 

・「完成期」…使用開始から12週目から18週目くらいになると、かなり黒ずみが薄くなってきたのに気がつくでしょう。約3ヶ月くらい辛抱すると、効果を実感できるわけですね。

 

トレチノインでの皮膚の黒ずみの治療は、18週間でワンクールです。18週間経ったら、いったん休止したり塗る量を減らしたりします。
まだ満足いく結果が得られていなくても、皮膚科や美容外科の先生から「休止期」をとるようにいわれたら、必ず守ってくださいね。
どの程度まで黒ずみを解消したいかで治療の流れも変わってきますから、主治医と良く相談することが大切です。

 

トレチノインを使うときの注意点とは?

1:無理矢理に皮をむかない
トレチノインでの治療を開始した直後は「反応期」と呼ばれていて、皮がむけたり皮膚が赤くなったり、痛みを感じるケースもあります。皮膚のバリア機能が低下している状態ですから、無理矢理自分で皮をむいてしまうと炎症を起こしてしまう恐れがあるので要注意。
皮をむきたくなる気持ちも分かりますが、そこは我慢のしどころです。自然にはがれるのを待ってください。

 

2:皮膚を刺激しない
トレチノインを使うことで、皮膚のバリア機能は低くなります。
特に治療を開始した直後はかゆみなどもあるので、かきむしって傷を作ったりすると炎症を引き起こすこともあります。下着は皮膚を締め付けないものを選んで、こすったり刺激を与えないように注意してください。かゆみは皮膚の保湿を心掛けることでやわらげることができますよ。

 

3:紫外線に注意
先ほども述べたように、トレチノインを使うと皮膚のバリア機能が低くなります。
デリケートゾーンに直接紫外線をあてるということはないでしょうが、紫外線は目からも身体の内部に入ってくるといわれています。
日差しが強いときはサングラスや帽子などで紫外線を予防しましょう。そもそも、治療自体を紫外線の少なくなる冬にするとベターですね。

 

4:保存に注意
トレチノインは冷蔵庫で保存します。
光や高温で成分が劣化してしまうからです。
医師から処方されたトレチノインは、大体1ヶ月を目安に使い切るようにします。薬局で薬を渡されるときに説明されるでしょうから、保存方法は良く守ってください。
例外的に、ナノ化されたトレチノインは、劣化しにくく常温で1年ほど保存ができます。

 

 

トレチノインの副作用について

トレチノインは皮膚の黒ずみ解消に大変効果がありますが、一方で副作用もあります。特にデリケートゾーンに使う場合には、身体の他の部位に使うよりも、より一層の注意が必要です。

 

デリケートゾーンにトレチノインを使うと、以下の5つの副作用が起こる場合があります。

 

1:皮がむける
2:赤くなる
3:かゆみ
4:乾燥
5:刺激が強すぎる

 

トレチノインを使うことによって、強制的に皮膚の細胞のターンオーバーを促進させるので、肌にはそれなりの負担がかかります。
皮膚が弱い人の場合には、より注意するべきでしょう。

 

トレチノインを使うときには医療機関で処方してもらうのが原則

皮膚の黒ずみをキレイにする効果の高いトレチノインですが、デリケートゾーンに使うときには、個人で判断せずに必ずクリニック等で処方されたものを使うようにしてください。

 

アメリカで売られている高濃度のトレチノインを、個人輸入代行などで買おうと思っている人もいるでしょうが、何かあったときには誰も責任をとってはくれないからです。

 

日本では認可されていないような高濃度のトレチノインを勝手に使って、ひどい炎症を起こすなど皮膚トラブルに発展しても、すべて自己責任です。

 

「デリケートゾーンに強い薬を使うのはイヤだ」という人や、「わざわざクリニックに通うのはちょっと…」という人は、美白クリームを使うという方法もあります。
デリケートゾーン専用にできている美白クリームで、ナチュラル志向の天然成分でできた無添加製品もありますから、自分に合った方法でデリケートゾーンの悩みを解決すると良いでしょう。